【全国対応】古物商専門の行政書士があなたの許可取得を全力でサポート!

\メール無料相談はこちらをクリック/

問い合わせフォーム

※※24時間365日受付

\電話無料相談はこちらをクリック/

06-7222-1535

※※受付時間9:00~20:00(土日祝日も電話相談可能!)

お電話の際は「ナガシマガジンの古物商を見た」とお伝え頂ければスムーズです。

古物商許可専門の行政書士が
あなたの古物商取得を
全力でサポートします!

 

 

例えば、こんな悩みはありませんか?

 

  • できるだけ早く簡単に古物商の許可を取得したい!
  • どうやって古物商の許可を取得したらいいんだろう・・・
  • 自宅やマンションで許可が取れるか心配・・・
  • 賃貸マンションに住んでいるけど古物商の許可は取れるのだろうか・・・
  • 使用承諾書が貰えそうにないけど何か方法はないの?
  • 自動車やバイクは許可の審査が厳しいって聞いたけど取れるか不安・・・
  • 古物商を取らずに中古品の売買をしてしまっていたけど大丈夫かな・・・

 

 

実は私も、以前、古物商を開業しようか悩んだことがあったので、その気持ちは凄く良く分かります。

 

 

でも、そういった悩みはNAGASHIMA行政書士事務所にお任せ下さい!

 

古物商の申請代行を専門に取り扱う
NAGASHIMA行政書士事務所

 

はじめまして、NAGASHIMA行政書士事務所代表の長島と申します。

 

私は、古物商の許可を専門とする行政書士事務所を営んでおります。

 

ですので、行政書士として古物商の許可申請を取得することが出来るのは勿論、それ以外にも「法律の相談」「融資のサポート」「補助金の申請」など、色々なビジネスに関するご相談に対応できます。

 

NAGASHIMA行政書士事務所に古物商の許可申請を依頼して、古物商としてのスタートダッシュを切りませんか?

 

依頼から古物商許可取得までの流れ

弊所にご依頼頂いてから、古物商の許可か取得できるまでの流れは上記のような6つのステップとなります。

 

以下では、それぞれのステップについて簡単に説明していきます。

 

step
1
電話・メールで問い合わせ

まずは、電話又はメールで、古物商の許可に関する相談・依頼をしてください。

\メール無料相談はこちらをクリック/

問い合わせフォーム

※※24時間365日受付

\電話無料相談はこちらをクリック/

06-7222-1535

※※受付時間9:00~20:00(土日祝日も電話相談可能!)

お電話の際は「ナガシマガジンの古物商を見た」とお伝え頂ければスムーズです。

step
2
古物商の許可申請に関する打ち合わせ

古物商の取得する上での必要となる情報についてのヒアリングや、許可を取得するまでの流れ、契約内容について電話やメールで打ち合わせをさせて頂きます。

 

大阪や京都、兵庫、奈良などにお住まいの方で、対面での打ち合わせをご希望の方は弊所やご自宅・事務所近くのカフェ等での出張相談にも対応していますので、問い合わせの際にお伝えください。

step
3
契約書・委任状にサイン

打ち合わせではサービス内容や料金、手続きの流れなどを説明させて頂きますので、サービス内容や料金にご納得いただいた場合には、メールにて契約書をお送りさせて頂きます。

 

契約成立後は請求書をメールにてお送りさせて頂きます。

step
4
必要書類の収集・契約書作成

報酬のお支払いが確認取れ次第、古物商の許可申請手続きを着手させて頂きます。

 

打ち合わせ時にお伺いした内容をもとに、古物商の許可に必要な書類の収集と警察署との打ち合わせを行い、申請書類を作成を致します。

 

書類が作成出来たら、郵送にて書類一式を指定の住所にお送りしますので、それら古物商の許可申請に必要な書類一式をお受け取り下さい。

step
5
申請書類の提出

行政書士から申請書類が届いたら、申請書類を営業所がある場所を管轄する警察署に提出して頂きます。

 

この時に申請手数料が19,000円必要ですので忘れずに持って行ってください。

step
6
古物商許可証を受け取り開業

申請書が受理されてから許可が下りるまでの標準審査期間は約40日程度となっています。

 

そして、無事許可が下りれば警察署から審査の結果に関する電話があるので、古物許可証を警察署に受け取りに行くことになります。

 

これでめでたく古物商として開業することが出来るようになります!

 

つまり、依頼者様は受け取った書類を警察署に提出するだけで古物商の許可が取得できるというわけです。

NAGASHIMA行政書士事務所に
古物商許可の申請代行を
依頼した場合の料金

行政書士事務所の中には料金体系が複雑で、追加で料金を支払わなければならないとろこもあります。

 

しかし、NAGASHIMA行政書士事務所は明朗会計で、追加の費用は一切頂きません。(警察署に支払う申請手数料やオプション料金は除く)

 

個人の場合 法人の場合
相談料(出張相談含む) 無料 無料
古物商許可申請書の作成料 39,800円(税別) 49,800円(税別)

 

注意

  • 申請には別途、警察署に1万9千円の申請手数料を支払う必要があります。
  • 法人役員が2名以上の場合には必要書類が増えるので、オプション料として1人につき+5,000円(税別)が必要となります。
  • 代表者以外が管理者となる場合には必要書類が増えるので、オプション料として+5,000円(税別)が必要となります。
  • 警察署への提出代行も依頼したい場合には、以下の地域のみ+10,000円(税別)のオプション料金で可能です。

警察署への提出代行対応地域

警察署への申請書提出代行に対応している地域は以下の地域です。

 

それ以外の地域につきましては、対応しておりませんのであらかじめご了承ください。

大阪府全域 大阪府全域
兵庫県 神戸市、芦屋市、西宮市、尼崎市、伊丹市、宝塚市、川西市
京都府 京都市、八幡氏、宇治市、木津川市、城陽市、長岡京市
奈良県 奈良市、大和高田市、大和郡山市、天理市、橿原市、桜井市、御所市、生駒市、葛城市(その他、これらの地域の近辺についてはお電話にてご確認下さい。)

古物商許可が取得できなかった場合の
安心の返金保証サービス

 

NAGASHIMA行政書士事務所では、出来るだけ低価格で高品質のサービスを提供できるように心がけています。

 

だから、古物商許可の代行申請を行っている行政書士事務所の平均的な報酬である5万円前後の価格よりも安く料金に設定しています。

 

しかし、それでも4万円前後のお金の価値というのは決して安くはありません。

 

しかも、古物商の申請が不許可になると、申請手数料の1万9千円も返金されません。

 

つまり、もし行政書士に古物商の許可を依頼して不許可になった場合には、6万円ものお金が無駄になってしまう可能性があるのです。

 

だから、万が一、大金を払って行政書士に依頼したにも関わらず不許可になってしまったら・・・・

 

と不安になるかもしれません。

 

でも、安心してください。

 

NAGASHIMA行政書士事務所に古物商の許可申請を依頼して、万が一、申請が不許可となってしまった場合には、行政書士報酬である4万円と申請手数料の1万9千円を全額返金致します。

 

NAGASHIMA行政書士事務所の
依頼者限定5大特典!

 

万が一の時の為の返金保証制度は設けていますが、行政書士は古物商許可の申請における専門家なので、古物商の許可がスピーディーに取得できるのは当たり前です。

スペース

むしろ、古物商の許可はあくまでもスタートラインに立つだけで、依頼主にとって重要なのは取得後ですよね?

スペース

そこで、NAGASHIMA行政書士事務所では、弊所にご依頼い頂いた方だけに、古物商の許可の取得後もスムーズに事業をスタートするためのサポートとして以下のような特典をプレゼント致します。

限定特典その1
古物営業に関する
法務1カ月無料サポート

 

古物商の許可を取得して古物営業を営む場合には、古物営業法に定められた規定を守らなければなりません。

 

そして、もしその規定に違反した場合には、営業停止や許可の取り消し、場合によっては罰金や懲役などが科されることもあります。

 

せっかく、高いお金を払って許可を取ったのに、そうなってしまっては元も子もありません。

 

しかも、特にはじめのころは、わからないことだらけで、知らない間に法律に違反していなのかと不安に感じることも多いと思います。

 

そこで、そういった開業初期の不安な時期にトラブルを避けるために、1カ月間の法務サポートを特典として無料で行います。

 

(※あくまでの古物営業に関する法務のみの対応となります。)

限定特典その2
古物商の台帳データ

 

古物商の許可を取得して開業するとなると、古物台帳を記帳しなければならない義務があります。

 

そんな、古物営業を開業するにあたって必要不可欠となる古物台帳のデータを無料でプレゼントします。

限定特典その2
買取契約書の雛形

 

古物商として営業していく上で、買取契約書はなくてはならないものです。

 

そこで、契約書作成のプロでもある行政書士が作成した買取契約書をプレゼントします。

 

これで、すぐにでも古物の買取ができるようになります。

限定特典その4
全国古物市場リスト

 

古物商の許可を取得すると、古物市場での売買も可能となります。

 

ただ、どこでどのような市場があるのかというのは、開業間もない場合には中々そういった情報がわかりにくいです。

 

そこで、購入特典として全国の古物市場のリストをプレゼントします。

 

この古物市場のリストがある事で、すぐにでも仕入れの役に立つのではないでしょうか。

限定特典その5
開業後のサポートマニュアル

 

古物商の許可を取得した後に、『一体何をしなければならないのか?』や『どういった事に注意した方がいいのか?』など、何かしらの不安を抱えていると思います。

 

また、開業した後に、取り扱う古物等に変更が出てくることもあるかもしれません。

 

そんな時には、警察署に変更届等を提出しなければなりません。

 

そこで、古物商の許可を取得した後の開業後にすべきことや、申請後に申請内容に変更があった場合の対応など、開業後に役立つマニュアルをプレゼントいたします。

 

以上が、NAGASHIMA行政書士にご依頼い頂いた場合のサービス内容となります。

 

注意

特典をご希望の方は、依頼時にその旨をお伝えください。又、特典内容は予告なく変更・終了する場合がございますの予めご了承ください。

よくある質問

Q.依頼してからどれぐらいの期間で古物商の許可を取得できますか?

+ クリックで回答を確認する

NAGASHIMA行政書士事務所にご依頼頂いた場合には、最短で即日から業務に着手しますので、ご依頼~許可取得までに50~60日程度で取得が可能です。ご自身で申請するよりも早く古物商の許可を取得できます。

Q.自宅を営業所として古物商の許可を取得できますか?

+ A.クリックで回答を確認する

古物商の許可申請は、基本的には自宅を営業所として登録が可能です。ただし、自宅が賃貸物件の場合には、物件所有者の使用承諾書が必要となります。

Q.賃貸物件や賃貸マンションでも許可を取得できますか?

+ A.クリックで回答を確認する

賃貸マンションの場合には、マンションの管理会社の使用承諾書が必要となります。住居用として契約していても、マンションによっては使用の承諾を得ることができるマンションもあるので確認してみることをおすすめします。ただし、使用承諾書がなくても許可を取得できる場合もあるので、気になる方はお気軽にご相談下さい。

Q.相談の費用はいくらですか?

+ A.クリックで回答を確認する

相談は無料ですので、気になることがあればお気軽にお問い合わせください。

又、出張相談についても、交通費等は一切頂きません。

事務所紹介

事務所名 NAGASHIMA行政書士事務所
代表者 長島 雄太
事務所HP https://nagashima-gyosei.com/
事業内容 ・古物商許可申請
電話番号 06-7222-1535
FAX番号 06-7222-1535
メールアドレス info@nagashima-gyosei.com
住所 〒542-0081
大阪府大阪市中央区南船場2-1-3
地図

 

\メール無料相談はこちらをクリック/

問い合わせフォーム

※※24時間365日受付

\電話無料相談はこちらをクリック/

06-7222-1535

※※受付時間9:00~20:00(土日祝日も電話相談可能!)

お電話の際は「ナガシマガジンの古物商を見た」とお伝え頂ければスムーズです。